OPEN/火・木・金 11:00〜16:00
ご近所の皆さまに愛されるお店を目指すちいさな自宅cafeです。

*スペースレンタル可能です。詳しくは右側のカテゴリーより「スペースレンタル」の記事をご覧ください。
お問い合わせは、cafe.bratid@gmail.com
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
カフェのインテリアやモチーフについて
先日、Nちゃんがお仕事帰りに我が家に寄ってくれて、
カフェについて打合せをしました。
+自宅スペースの家具などについて相談もちゃっかり^^;

Nちゃんにはカフェ店内の家具や食器・小物など
インテリアのコーディネイトをお願いしています。

元同じ社宅のママ友の彼女。
こんな人って存在しちゃうんだ!?って思う程あらゆることに優れていて、
素敵なセンスを持った女性なんです。

“片づけられない女”の私は、絶対にゼッタイに真似はできないけれど
そんな風に暮らせたらいいなぁと憧れを抱かせてくれる人です。


さて、本題の打合せですが、
カフェの雰囲気というかイメージをなんとなく決めるという課題がありました。

私の中では自宅のLDKをカッコイイ系にするので、カフェは北欧風というか
優しくて明るい、さわやかな雰囲気にするという、かなり漠然としたものしかありませんでした。

「IDEE(イデー)の雰囲気好きだよ」とメールすれば
「キョウちゃんザックリしすぎ!笑。IDEEといっても色んなテイストがあるんだよ!」
と突っ込まれる始末^^;

インテリアのイの字も分かっていないのです、わたくし。

でも、mina perhonen(ミナ・ペルホネン)のテキスタイルがかわいいので
額に入れて飾るとか、何か作って使うなどしたいというアイデアは
採用して貰えていました。


すると彼女はminaのテキスタイルのパターンの中から選んで
カフェのテーマカラーを2つ提案してくれました。

これがとっても爽やかで可愛らしくて、即、ほんとうに1秒で気に入ってしまいました!
その色はもったいぶってまだ発表しません^^

壁の一部をその片方の色で塗るとか、ユニフォーム的にその2色でTシャツとエプロンを
コーディネイトするとか、具体的な提案もして頂きました!


それから、店名候補でこのブログタイトルになっている「bra tid(ブローティッド)」。
スウェーデン語で「ステキな時間」「楽しい時間」という意味です。

この「時間」という言葉に着目して、
時計をこの店のモチーフにするというアイデアを出してくれました。

これにも私はビビビっと反応(笑)。
ショップカード等によくトレードマークのような、その店のアイコンが描かれていますよね。
よくあるのはコーヒーカップのイラストとか、お菓子のイラスト、e.t.c.
ありきたりのものでは面白くないけど、何かそういうの欲しい!と思っていました。
時計、カフェっぽくないけど、ちゃんと意味があるし、いいんじゃないでしょうか。

自宅カフェに因んで、シンプルなおうち型した時計のイラストとかどうでしょう?
イラストが得意な友達に相談してみようかな。(なんでも他力本願w)

まだ店名は決定しているわけではないので、読めないし覚えづらいかなと思い、
全く違うカタカナの店名もいいかもなんて考え始めていたのですが、
この提案で、またすぐに、このままこれで店名決定しちゃおうかなと思ったりもしています。

漠然としていたカフェについての話が、突然動きだしてワクワクしてきました♪


このような提案だけでなく、中庭に面した窓のカーテンについて相談しても
店舗では何を優先するのが大事なのか等、的を射た回答を素早く返してくれます。
素人の浅はかな思いつきを、ちゃんと解説しながら正しい方向へ導いてくれる感じです。
頼りになります!!

まだまだ始まったところですが、本当にお願いして良かった!と思っています。
お店が完成した時に写真をお見せするのが楽しみです。


cafeのコンセプト
コンセプトというと大げさな感じで恥ずかしいのですが、
こんなcafeにしたいという思いを記録する意味でも、初心を忘れない意味でも、
書きとめておこうと思います。

主なお客様の対象としては、ご近所に住む赤ちゃんや小さなお子様を持つママ、
そして昔ママだった女性(おばあさま世代)を考えています。
子連れで気兼ねなく行けるcafeが少ないと感じていた経験から
是非そんなママたちに利用して頂きたいと思っています。

店舗スペースはとても小さいですが、
トイレは比較的広めにとり、別におむつ替え用のベビーベッドも置く予定です。
店内も庭も禁煙にします。

ママたちが落ち着けない1番の理由。
それは歩き始めたわが子がすぐに席を降りたがって
店内を歩き回ってしまうこと。

それをいちいち追いかけまわしたり、席に座っているように説得したり、
それだけでかなりのエネルギーを使ってしまいます。

子どもが出て行けない様な柵に囲われたキッズスペースがあれば
そこで遊ばせておいてゆっくりお茶とおしゃべりを楽しめます。

そうできれば最高なのですが、
わがcafeにはキッズスペースを作る空間的余裕がないため、
庭を開放しようと考えています。
庭も決して広くはないですが、自宅とcafeとがコの字型で中庭を囲んでいて
空いている1辺はおとなりの家との境界の壁になっているため
お子さんが外(道路)に出てしまう危険性はかなり低いと思われます。

庭ということは天気が良い時でないと遊べませんが
そもそも小さいお子様連れで、雨の日にcafeに行こうとは思わないでしょうから
そのあたりは問題ないかと。
晴れの日限定の青空キッズスペースです^^

シンプルに芝生にシンボルツリーが1本生えてるくらいの庭を考えています。
雑誌の表紙の画像で失礼しますが、イメージはこんな感じ。

garden

ここまで広くないと思いますし、こんなに素敵にできるかは分かりませんが^^;
あくまでも理想ということで…。

庭にも少し席を用意して、走り回るお子さんを眺めながら
ママたちはコーヒーと焼き菓子をゆっくり楽しむ…
そんな光景が理想です。
シャボン玉など用意しておきましょうか。

一般のお店に行けるようになるまでの
お子様のお店での過ごし方トレーニングの場に使って頂いてもいいかもしれません。

お友達同士でおしゃべりを楽しんでいただくのはもちろん、
現役ママと先輩ママの間にコミュニケーションが生まれたりしたら
こんな素敵なことはありません!
時々そこに店主(私)も混ぜて頂いたりして^^。

地域密着型で、ふらっと立ち寄ってホッとしたひと時を過ごしていただけるような、
でも日常を忘れられるようなかわいいインテリアのcafe、
何度も訪れたくなるcafe、
そんなお店をゆる〜く、のんびりとやっていきたいです。

まずは、美味しい♥と思って頂ける焼き菓子をどんどん試作して
メニューを考えなければ!!