OPEN/火・木・金 11:00〜16:00
ご近所の皆さまに愛されるお店を目指すちいさな自宅cafeです。

*スペースレンタル可能です。詳しくは右側のカテゴリーより「スペースレンタル」の記事をご覧ください。
お問い合わせは、cafe.bratid@gmail.com
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
カフェ内壁の施主塗装
これから数回は、過去のことについて記事にします。
引っ越し前の忙しさで、書きたいことが書けなかったからです。

今回は、カフェの内壁の珪藻土塗りについて。

カフェは天井、トイレの中、厨房内の壁は職人さんにペンキで塗装して頂きましたが
客席側の壁は珪藻土を自分で塗ることにしました。

便宜上、引き渡し後の方が落ち着いて作業ができるということで
11/2(金)の引き渡しの後、午後から開始。

作業スケジュールはこんな感じでした。

******
11/2(金)夫婦で養生作業
11/3(土)夫は用があり不在のため、父と私の古い友人Kちゃんと3人で養生+下地塗り作業
11/5(月)家具の受け取りをしながらひとりで珪藻土塗り作業
11/8(木)息子の幼稚園を延長保育して昼間だけひとりで珪藻土塗り作業
11/11(日)NTTの工事立会いのついでに夫婦で最後の珪藻土塗り作業
11/12(月)父と母と3人で養生剥がしと片づけ
******

珪藻土については、色々と調べて検討した結果、「ケイソウくん」にしました。
鎌倉のショールームに行って、実験ルームで性能も確認しましたし
壁塗り体験もちょこっとですが、しました。

その時に道具一式をレンタルしている人を見たので
電話で問い合わせたところ、元職人という感じのおじいちゃんが出られて
塗り面積を伝えたらすぐに必要量をアドバイスしてくれたり
レンタルも必要充分な種類と数を選んでくれました。
しかも消費税分サービス位の割引料金を案内してくださり
振込みでお支払いしました。

HPのショッピングカートでいきなり購入せずに、
まずは電話で問い合わせした方がいいかもしれません^^;

我が家のカフェの塗装面積は、素人のロスを考慮して35〜40屐
今回購入したものは、


・下地材アンダーコート 20Kg 1缶 (少し余るけれども割安ということで大きめの缶を購入)
・ケイソウくんDIYグレード 18Kg箱ホワイト 2箱
・ケイソウくんDIYグレード 5Kg箱ホワイト ビギナーズセット 1セット
 (プラスチック製のコテ板とコテがセットになっています)
・器具一式レンタル 2週間¥4,000


今後のメンテナンス用にコテ等はひとつ持っておきたかったので
ビギナーズセットをひとつ買いました。

同じく下地材用のローラーと刷毛とトレイは、今後のDIYにも使えると思い
ホームセンターで購入しました。
マスキングテープとマスカーも。


はじめは甘く考えていて、11/2に養生と下地塗り。
11/3に珪藻土塗りをして終わり、と思っていました。

が、実際に始めてみると全然終わらなくて
11/2は下地どころか、養生も途中で作業終了となりました。
最初に書いたスケジュールのとおりです^^;

Kちゃんには珪藻土塗りをお願いしていたのに、
結果的に養生と下地塗りという地味な作業をやってもらうのみに。。。
でも久しぶりに会えて、話が出来たので嬉しかったです。
Kちゃんありがとう!

また、引き渡し後ということで、設置済みのエアコンや照明、
手洗い用の洗面台などの養生が大変でした。
養生後の塗り作業もエアコンと天井の間に手が入らない程狭い部分があり
プラスターボードが見えたままというお粗末な仕上がりに。

これは布をピンで留めるなどの目隠し対策が必要です。
やはり可能であれば、設備等の設置前に塗装する方がキレイに仕上がると思います。

下地材は塗ってから18時間以上乾燥させて、完全に乾いた状態にしてから
珪藻土を塗らなくてはいけないので、スケジュールの組み方も気を付けた方がいいです。
(メーカーや種類によって乾燥時間は異なると思います)

結果オーライでしたが、私は最初、
11/2に下地を塗って、11/3に珪藻土を塗ろうとしていました。
夜まで作業して翌朝作業開始では、乾燥時間が足りませんでした。


コテとコテ板を使っての塗り作業は大変でしたが、とても楽しかったです。
集中して無心になって、手を動かす作業、結構好きみたいです(笑)

追加工事に来ていた大工さんにも、手つきがいいとお世辞を言ってもらいました。
実際、夫や父よりも私の方が上手かったような^^



とはいえ、初めての素人作業。
やはりかなりコテ跡の激しい、(よく言えば)大変味のある仕上がりになりました。
でも空気の質を良くしたかったので、満足しています。


夫も仕上がった壁を見て、その質感や見た目を気に入ってくれたようで、
寝室や子ども部屋もこれにできたらいいのに、と言っていました。
それが出来たら空気のいい部屋になるでしょうね。

養生を剥がし終わったのが夕方になってしまったため、
暗いなか照明を点けた写真になってしまいましたが、
塗り終わったカフェ店内をお見せします。

  

 

見えている白い壁は全て珪藻土を塗った壁です。
厨房の中の壁はペンキですが、
カウンターの上の棚の上も窓の上も垂直部分は全て塗りました!

こうして遠目で写真で見ると、結構キレイですよね。
近くで見ると「あちゃ〜」な部分が多いんですけど。。。

我ながら頑張った!!(笑)
現場レポート#2(カフェスペース)
鉄骨階段の報告からちょっとあいてしまいましたが、
続きということで、カフェスペースを…。


いきなりですが、屋根が付いていました。
バルコニーがのっかる前の状態です。 


この屋根の下がカフェです。
他の部分も全てこの屋根が付いています。
北側の納戸の外壁も同じ素材。
パールがかったというか、シャイニーなダークグレーといった色です。
が、実物を見るとそこまでキラキラしてはいなくて、落ち着いた色でした。



これ↑は、店内の厨房の方を客席側から見た画です。
木製棚が付いていました。
左の空いたスペースにレンジフード(換気扇)が付きます。
右側の外に向かってダクトを配するので隠すために壁が下がっているのですが、
そこに厨房側からはちょっとした収納になるように棚を付けてくださいとお願いしました。
狭いので少しでも収納スペースを増やす作戦です。



庭に出る窓から庭を眺めた画。
こうして見るとちょっと店内が暗いでしょうか。
完成時は照明も付きますし、中は落ち着く感じで外は明るくて、
というのも悪くないかな?とも思います。



作業台として?セットされた板の上で大工のTさんと息子が語らいタイム(笑)
我が家の現場の大工さんは皆さんとても優しくて、
行くといつも息子に色々と話かけてくれて相手をしてくれます。

中でもこちらのTさんが一番人懐っこい感じでおしゃべり好きな印象^^



息子はここでTさんとおしゃべりしながらお昼のおにぎりを食べました。
ちなみにTさんの指に挟まっているのは仕事道具のえんぴつです。
タバコではありませんのでご安心を^^。

こちら側から見ると窓や入口の開口部で比較的明るいですね。
トイレには窓がないので照明の灯りだけが頼りです。
トイレも明るい方がいいのかなと迷いつつ、
うす暗い方が汚れなどが目立ちにくいというメリットもあり、
長居する場所でもないので、予算を抑える意味でも窓はなくしました。

その代わりと言っては何ですが、トイレを出た正面(向かい側)の
ベビーベッド(おむつ替えスペース兼お昼寝用)のところには小窓があります。
庭が見えるようになっています。

こんな感じで、大体の壁にプラスターボードが付けられて、ほぼ壁の状態になっていました。
ますます完成型に近づいています!

この現場見学が終わった後にも、カフェ厨房についてはメールで色々と取り決めています。
後から厨房の設計や工事を改めてお願いしたので、追加工事代金の見積もりも出てきています。

予想より少し高い見積もりが出てきたということで、
設計士さんから削減案を出して頂きました。

2槽シンクとガスコンロを設置する客席向きの作業台は全てステンレスです。
後ろに手洗いシンクと業務用製氷機を設置するカウンターを作ります。
その上が色壁でオープン棚の棚板を付けることになります。

手洗いシンクを白い陶器製のものにすると、本当にそれ用にしか使えないけれど、
2槽シンクと同じようにステンレスの埋め込み型にすれば、上にフタ(板など)を置けば
一時的に物が置ける台にもなるし便利なのでは?との提案をして頂き、採用しました。

最初は、その手洗いシンクとカウンターを全てステンレスで見積もりをお願いしたのですが、
これが結構高くて、手洗い用シンクをステンレスのオーバーシンクにして
カウンターは集成材の木製カウンターにすることに。
これによってかなり予算を落とせるということです。
見ため的にも向上する気がします。

また、シンクと水栓金具も見直し、手洗いの方はどちらもIKEAのものを使うことにしました。

どちらも驚きの安さです。
他社の物とはケタが違いますね。

2槽シンク側の水栓は、浄水器内蔵型がいいと思い至り、
でも少しでも予算を抑えるためにハンドシャワー機能は諦めて

TOTOのこちらにしました。


色々と決まってきています。

次回は、お待ちかね(?)の2階部分をご紹介します。