OPEN/火・木・金 11:00〜16:00
ご近所の皆さまに愛されるお店を目指すちいさな自宅cafeです。

*スペースレンタル可能です。詳しくは右側のカテゴリーより「スペースレンタル」の記事をご覧ください。
お問い合わせは、cafe.bratid@gmail.com
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
カフェ厨房の問題解決

実は少し前に解決していました。

W1200の冷凍冷蔵庫が入るように図面を書きなおして頂いたら
ステンレスカウンターは、W2000→W2180へ広くなりました。
その代りに、カウンターとバタフライドア(通称パタパタ)の間に付く棚の奥行きが
少し短くなりました。

ちなみに、厨房と客席の間にパタパタは必須です。
これがないと開業許可がおりません。

結果的に作業スペースが少し広がったことは嬉しいこと。
またまた結果オーライですね^^

そして昨日は現場に行ってアクセントカラーウォールの色合わせをしてきました。
いい色になると思います♪

塗装屋さん(ペンキ屋さん)はこの道40年以上のベテランのおじさんでした。
乾いてくると色がちょっと変化するそうで、
乾いた時の色を想像しながら色を調合する姿はまさに職人技。

でも話をすると、おちゃめで気のいい近所のおっちゃん的な(笑)
職人さんて味のある人が多いなぁ。


さてさて、年末に行ったきりのかっぱ橋道具街のお店にまた行かなくちゃ!
業務用冷凍冷蔵庫と製氷機の値段や送料の確認、注文、搬入日の相談です。
何気に引っ越しまでの日が残り少なくなってきていて
気持ちばかりが少々焦ってきました〜^^;。


カフェ厨房に冷蔵庫が入らない!?

昨夜、ふと気付いてしまいました。
あれ? 業務用冷凍冷蔵庫入るのかな?


だいぶ以前に、カッパ橋道具街に出向き(itonowaに行ったと記事にした日です)
業務用製氷機と業務用冷凍冷蔵庫を見て、値段を聞いたり送料を確認したりしました。

我がカフェは本当に狭いので、上が作業台になる低いタイプ(H800)の業務用の方が
すっきり収まると思ったので、一番小さいサイズの業務用を入れることにしたんです。
それぞれの品番やサイズなどはお伝えしてありました。

最近になって、具体的にカフェ厨房スペースの図面をおこして頂き、
細かいところの打合せをおこなってきました。

製氷機については、湯の配管についてや製氷機自体の設置位置についてなど、
使いやすさを考慮して、新しい提案をして頂いたりしていました。
さすがだなぁと感心するばかりで、冷凍冷蔵庫のことはポーーーーンと飛んでいました。

確かにもっと前から厨房の図面は頂いていて、気にしていればもっと早く気付いたはず。
でも、なぜか不思議と全く気付かなかったんですよね^^;


で、別件で昨夜改めて図面が添付されてメールが届き、やっと思い至りました。
2槽シンクとガスコンロを置くカウンターの下に冷凍冷蔵庫が入ると思うのですが、
どう見てもスペース的に収まらなさそう…。

早速問い合わせのメールを送ったところ、
本日午後に設計士さんからお電話を頂きました。


やはり、すっかり失念していて、今の設計図面では収まらないということ。
製氷機にばかり気を取られて、冷蔵庫は忘れてしまったそうです。
これから対応策をよく考えて、改めて提案というか説明をして頂けることになりました。

今までかなり順調に工事が進んでいたのでこちらも気が緩んでいましたが、
あるんですね〜、やっぱり^^;

まだ本格的な厨房工事は始まっていないのが不幸中の幸い。
なんとかいい打開策を見つけて頂きたいと思います。
どうにかなるだろうと楽観していて、そんなに慌てていない心境です^^。

ならなかったらどうしよう^^;




カフェ外壁のその後

白い壁、相談しました。

ギリギリのタイトなスケジュールで進めている中、
申請関係にも影響することなので、「なぜ今になって!?」と思われたのかもしれません。
読んでいて心臓がバクバクしてしまうような、厳しい文体のメールが返ってきました。

設計士さんは、直接お会いしてお話すると、とってもにこやかでおだやかで、
いい方なのですが、メールになると時々こういうことが起こります。
やはりメールは怖いですね。
直接話すに限ります…。

結果からいいますと、
外壁を自分たちで塗るのは不可能で、カルクウォールを扱っているメーカーさんも
即答で無理でしょう、聞いたことありません、とおっしゃったとか。

また、うちのカフェのウリである庭を外から魅せるための窓、
中で働く私の横顔、お客様の笑顔、色々とイメージして設計してくださった結果、
店内の白い壁やその奥に続くグリーンの庭をより映えて見せるのは
黒っぽいダークな外壁だったという説明をうけました。

そこまで色々と考えてくださったことには、素直にありがたいと思いましたし、
プロの方がそこまでいうのならば、それに賭けてみるのもアリ?とも考えました。

でもやはり、私の気持ちが黒っぽい壁、とくに金属の壁は、受け入れられなかったんですよね。。。

とにかく早めに会って相談しましょうということになり、
うちの近所まで来て頂いて、カフェでランチを挟みながら話し合いました。

かなりキツいメールだったので、半分ドキドキしながら待ち合わせ場所に行ったのですが、
やはり会ってみれば、おだやかでにこやかでした^^;


自宅の外壁がリシン吹付けで、カフェ部分だけ漆喰だと
やはり漆喰の方が質感がいいので、自宅の外壁が見劣りしてしまったり
せっかくまとめて新築するのに、カフェ部分だけ後から改装して付け足したような
取ってつけたような印象になりそうで怖いとのことでした。

そこで、代案としてその場で、
木製サイディング(サイディングの下地の上に本物の木の板を貼るもの)を
使った壁を提案して頂きました。

道路に面した外壁を
1)全面木製サイディングにする
2)入口ドアの右側だけ木製サイディングにして左側はリシン吹付けの白い壁にする
3)全てリシン吹付けの白い壁にする
4)ダークグレーのガルバリウム鋼板で、入口右側に木製のパーゴラとルーバー物置を設置する
5)入口上のひさしを右側に伸ばして、その下側だけを木製サイディングにする。ひさしの上から
  屋根までと左側はリシン吹付けの白い壁にする

という5種類の選択肢を出して頂きました。

2)も5)も木製のパーゴラ+ルーバー物置は付けてもいいという案です。
このパーゴラ物置の案は、私が野菜販売もしたいと思っていることを話したところ、
店内は狭くて置けないと思うから、店の外にパーゴラを作って、
必要に応じて日よけを出して、中にテーブルを置いて野菜を並べる。
何かと物置のような隠せる場所があると便利なので、パーゴラの右半分に
腰高のルーバーを付けて目隠しをしたらいいんじゃないか、といって出たものです。

確かにそれがあると、ベビーカーをたたんで
置いておいてもらう場所としても使えるかも、とも思います。


カフェの出入り口のドアは建具やさんに
木製の枠+中はガラスの内容で作ってもらうことになっています。
その左側は縦長の黒いサッシの窓が2連でつきます。
下はフィックス、上は外側に滑りだして開けられるようになっています。

ついでに中のレイアウトも簡単に説明しますと、
入口を入って右側が厨房(カウンター)、正面が客席で、客席を突き抜けた先に庭、
入って左側奥がトイレ、洗面台、おむつ替え台(ベビーベッド)となっています。
左側の手前、道路に面した側に小さなソファの席を設けようと計画しています。
床はフローリング、内壁は自分たちで漆喰か珪藻土を塗ることにしました。

最初は、5)が一番気に入っていたのですが、色鉛筆で色をつけて図面を見ながら
一晩悩みに悩みました。

我が家は、北東の角地になっていて、東の道路に面してカフェがあり、
北東角の部分が自宅の玄関(東向き)、北の道路に面して1階部分が飛び出した納戸と
自家用車用の駐車スペースとなっています。

2階建て部分は白い壁、北側の1階部分だけ飛び出したところの納戸の外壁は
屋根とひと続きでダークグレーのガルバになる予定です。

言葉では分かりにくいかもしれませんが、
北東の角から全体を眺めた時に、中央の白い建物に右側に黒い箱がポコっと
左側に木の箱がポコっとついている感じにすると、まとまりがあって
バランスがいいかもしれません、と
1)の全面木製サイディングをお勧めされました。

その説明がイメージしやすく、説得力があったため、
だんだんと1)に気持ちが傾いていって、
結果、1)で見積もりの差額を出してもらうことにしました。

ただ、1)だとパーゴラ物置は、なんだか木ばっかりでしつこくなるような気がして
付けられないかな?と思っています。
出来上がってから後付けもできますし、これは時間をかけて考えようと思います。


なんだかお互いに嫌な気分を味わってしまう出来事となりましたが、
結果、双方がこれならいい!と思える落とし所にたどり着けて良かったです。
やはりそのままダークグレーのガルバの外壁にしていたら
私は“自分の店”という気がしなくて、後々後悔していたと思います!

結果オーライですね☆

見積もりは昨日(土曜日)には出てくると思うとのことでしたが、
今のところ何も連絡は頂いていません。。。

いつ出てくるのでしょうか!?

カフェの外観について

2月ももう終わりですね。
最後にすごい雪…。寒くて寒くて、今日はつらい1日でした。

自宅の見積もり用図面が出来上がり、候補の工務店さんに見積もりをお願いしています。
大変な作業をしてくださった設計士さんに感謝!です。
もうすぐ見積もりが出てくる予定です。

銀行も結局TM銀行は初期費用が10万円ほど高かったので却下し、
MS銀行で事前審査をして頂き、OKが出ました。
これについてはまた後日。

で、今まで自宅に神経が集中していたのですが、
いよいよカフェの方にも意識が向いてきました。

自宅が完成してからカフェスペースの施工ということで
なんだかまだまだ先の話のような気がしてのんびり構えてしまっていました。

でも、それって内装の話で、
外壁や天井、床やトイレなどは自宅と同時進行で工事は進むんですよね。

見積もり依頼を出す直前の最後の打合せの時、
ずっと外壁は「白」と決めていた私ですが、
設計士さんが自宅とひと続きで全部白だと間延びした印象があるので
屋根と同じガルバリウム鋼板(ダークなシャイニーグレー)の壁にしてメリハリをだしませんか?
と提案されてきました。

たしかに素材を変えるとか切り替えがあった方がいいかも?とも考えていたし
夫(というか男性って全般的に)はその格好いいシャープな感じを気に入って
なんなくそれで見積もりを出すことで話が終了しました。

もちろん、その場で、なんか金属の感じはイメージと違っている、
シャープな印象になりすぎて、北欧風のインテリアと合わないのでは?と意見しました。

でも、ドアやところどころに木を使い、入口横に木を植えたりして
グリーンを使うことで印象は中和できると思う、
巷にあふれている、白い壁に木材の北欧風カフェとは差別化した方がいいのでは、
と説得されて、なんとなく押されて終わったという感じでした。
固い意志を持たず流される私が悪いんですが。


ですが、この2週間強の間、ずっとずっと考えていたんですよね。
本当にガルバリウム鋼板でいいのか?って。
やはり私のイメージするカフェは、白い壁。
お子さん連れのママやおばあさま世代の方をメインターゲットにしているので、
それを考えるとダークグレーの金属の壁って入りずらくなってしまうのではと心配なんです。
ダークグレーの金属の壁だと、もっと都会で、独身の方が対象になるイメージ。

もんもんと考える日々。
カフェの雑誌やインターネット、色々と見て、また考える日々。

ふと、思ったんです。
予算の関係で断念した漆喰の壁。
小さいカフェのスペースになら採用できるんじゃないか?と。
天井は職人さんに塗装してもらうとして、1階建てだし、小さいし、
外壁も内壁も自分(家族)で塗れるんじゃないかな?

カルクウォール(スイス漆喰)だと、自浄作用があって白さキープできるし、
調湿効果があり、冬暖かく夏涼しい。消臭効果もある。
カビやアレルゲンなどを死滅してくれる効果もあるんです。
赤ちゃんやお子さんにもピッタリではないですか!

塗る作業も楽しそうだし、思い出になりそう。
その作業風景をご近所の皆さんに見て頂くのも宣伝につながりそうだねと
友達のNちゃんに言われて、もう心は決まった感じです。

まぁ、どうしても無理なら自宅と同じリシン吹き付けでもいいので
白い壁にできないか相談してみることにします。